家探し時の仲介手数料の知識

家探し時の管理会社仲介手数料

  • トップ /
  • 家探し時の管理会社仲介手数料

家探しで損をしないための知識

家探しの際に仲介を依頼する不動産屋や管理会社は、仲介料が利益に繋がる商売です。賃貸住宅などの店頭に、キャンペーン情報として「仲介手数料半額」といったお得感を示すフレーズを見かけたことはありませんか。一般的には家賃の1ヵ月分と同額の仲介手数料を求められるケースが多く、これが相場だと認識している方は少なくありません。家探しの際は、契約が成立してもしなくても、お客の求める条件に見合った物件を検索して提示したり、内見の手配等に一切費用は生じません。契約が成立してはじめて発生するものが仲介手数料ですから、これを求めることは不動産屋や管理会社にとって当然の権利だといえます。しかし、この仲介手数料の金額の決め方について正しい知識を持っている消費者が多くないために、本来支払うべきでない金額を支払ってしまっているケースが多いことも事実なのです。家探しの際、不動産屋や管理会社など、物件を紹介して斡旋する業者に支払うべき仲介手数料は、本来は家賃の半額分からという定めがあります。そのため、一ヶ月分であっても決して違法ではないのですが、この情報を開示した上で、契約者の同意を得て費用負担をさせている業者はいないのです。正しい知識があれば、契約者側から半額の提示を行うこともできるのです。

↑PAGE TOP