トップ

マンション経営の空室対策

中古マンション経営のメリット

中古マンションを経営する

若いうちから堅実に、将来を見つめて備える方法を考えるのは、とても大切なことです。自分で実践可能な備えにはどんなものがあるか。もちろん、貯金を増やすというのも有効ですが、手持ちのお金をこれからコツコツとたくわえていっても、サラリーマンには限界がありますね。

景気の先行きに明るさが見えない今だからこそ、運用という手段を考えてみませんか。運用ツールはいろいろありますが、不動産経営が近年特に注目を集めています。その中でも着目したいのがマンション経営です。

しかし、不動産について全く知らないまま資産運用のために行動を起こすのはナンセンスです。知っておくべきは、マンション経営の知識。自分が経営なんて出来るのかと不安になるかもしれません。また、難しそうに思うかもしれませんが、実際に自分がマンション経営を行っているイメージをすると、楽しみながら知識を深めることが出来るでしょう。

マンション経営をするなら中古マンション物件で行うのがお勧めです。最も大きなメリットは、新築マンションと違って、安い価格で物件を購入できるところでしょう。築年数と不動産評価にもよりますが、中古マンションは表面利回りが高く、投じた資金を新築よりも早く回収することができます。

そして、中古マンションは、実際にその物件の現状を確認して購入することができます。また、今までの入居率など、これまでの利用状況もあわせて知ることが出来るので、物件そのものにニーズがある「買い物件」かどうかを検討し、慎重に選ぶことが可能です。

今は低金利が続いていますが、今後の景気がどうなるか不透明な時代です。景気が好転してインフレが進み、物価上昇によって貨幣価値が下がっても中古マンションの価値は崩れにくいため、インフレ対策としても適しています。